筑紫野市【店舗】原田の田舎卵リノベーション、いよいよ始まります!



◆筑紫野市原田 ”原田の田舎卵” SHOP 販売所◆

創業54年山崎憲秀養鶏所 
約13坪作業場兼販売所の一部

工事範囲 約5坪部分を、販売SHOPとしてリノベーション
工事内容 SHOPロゴ・サイン関係・展示棚・照明・入口扉・スロープなど
工事期間 9/9~月末 約20日間(10月から新装オープン予定)

(*なお、工事期間も、作業場の方から卵の販売は行いますので、常連様ご安心ください)



約6年前に、弊社で平屋を建ててられたM様奥様のご紹介で
昨年ご両親の暮らされるご実家のリノベーションを行い、大変喜んで頂いておりました。
すると、今年に入ってから、ご実家の家業である”原田の田舎卵”店舗についてのご相談もいただき、打ち合わせを重ねておりました。

M様奥様の、弟さんもご家族で福岡へ戻ってこられて、長年1代で築きあげた、ご両親の営む養鶏業を盛り上げていこうと、SHOP部分をなんとかしたい!とのことでした。
近年大きな公園もそばにでき、卵の販売所にも若いご家族連れも増えてきたとのことで、作業場の一部だった販売所を、わかりやすく、ベビーカーなどでも入りやすく、常連さんにも、新しく若い方にも、購入しやすい明るく雰囲気のよい店舗にするべく、材料、レイアウト、照明、ロゴデザイン、総合費用などの打ち合わせを進めて参りました。

ご実家の家紋をモチーフにしたシンプルなデザインのロゴや
卵が引き立ち、展示できる、クッション性のある天板の展示棚。
卵一筋の職人(お父様)が作業される様子が奥にちらりと臨め、
どんな方が、どんな思いで、つくられた卵なのかを感じられる
選びやすく、購入しやすいレイアウト・動線にしました。

現在は、着工前の最終打ち合わせに入っております。
伝統ある老舗感と、M様奥様と弟様の感性の融合が、どんなSHOP空間に仕上がるのか、私達も今からとてもとても楽しみです♪







(市川 吏保)

筑紫野市【原田の田舎卵】店舗着工です(家具・のれん・ロゴ・金物・クロス着々と、、、)

筑紫野市【原田の田舎卵】店舗工事が行われております。

着工に先立ち、入り口看板や告知シートを作っていただき、作業場の仮店舗へお客様を誘導します。


作業場と店舗部分(工事部分)を間仕切り、機器の取り外しなどを行います


間仕切り壁と、今回は大工さんに展示棚、レジカウンター、作業台、ベンチなどの家具製作もお願いしております。
 

壁下地と造作展示棚づくり、、、


次に、店舗と作業場を仕切り、ロゴ入りのれんで店舗の要となる壁と梁型制作、、、



年に数回土間を洗うために水を流されると言うことで、パッキン材の上に壁を造ります。


大工さんの作業の合間には、ロゴやのれんの実物代を張り、発注前の最終確認をお客様と行います。




店舗入口の車からもわかりやすい位置に取り付け、ライトアップも行う”フラッグ”も金物と合わせて、決定し、制作に取り掛かります。

 

歴史のある雰囲気と、優しく素朴なフォントには、特にこだわられました
 

餌があげられるので家族連れに人気の”2頭のポニーももとさくら”のご飯や
飲み物を入れられる冷蔵庫も決定し、その大きさを考慮し、展示棚をつくっていきます。



中央の間仕切り壁も仕上がり、大工さん方は最後の仕上げです。

大きな作業台、、、



レジ台の内側、、、使いやすい高さに引きだしや棚を、、、

 
こちらは、発送表など記入していただく際の椅子にもなり、中央に展示台としてもつなげて使えるベンチ2台、、、


約1週間弱の大工さんの工程は終了です。
短い工期の中、ボリュームのある細かい作業、ご苦労さまでございました!



大工さんが終わると電気工事が始まります。

分電盤、と配線の落とし込み作業です。


警備会社の部材は、警備会社専門の職人さんにより、行われました。




そしていよいよ家具や窓枠など内装の塗装部分の色決めです

展示台の天板に張られる高耐久でクッション性のあるシーとに合わせて
塗装屋さんのつくってくれたサンプルで、色最終決定です!!


その後、お客様とは、シンプルで素朴で、卵がしっかり引き立つ内装部材のお打ち合わせを行いました。
  




だんだんと出来上がる空間と、決まっていく素材たちに
私達もテンションが上がらずにはいられません(笑)


消費税前で物流や製造の納期に乱れがでております。
気を引き締めて、工事を進めてまいりたいと思います。








(市川 吏保)