筑紫野市【店舗】原田の田舎卵リノベーション、いよいよ始まります!



◆筑紫野市原田 ”原田の田舎卵” SHOP 販売所◆

創業54年山崎憲秀養鶏所 
約13坪作業場兼販売所の一部

工事範囲 約5坪部分を、販売SHOPとしてリノベーション
工事内容 SHOPロゴ・サイン関係・展示棚・照明・入口扉・スロープなど
工事期間 9/9~月末 約20日間(10月から新装オープン予定)

(*なお、工事期間も、作業場の方から卵の販売は行いますので、常連様ご安心ください)



約6年前に、弊社で平屋を建ててられたM様奥様のご紹介で
昨年ご両親の暮らされるご実家のリノベーションを行い、大変喜んで頂いておりました。
すると、今年に入ってから、ご実家の家業である”原田の田舎卵”店舗についてのご相談もいただき、打ち合わせを重ねておりました。

M様奥様の、弟さんもご家族で福岡へ戻ってこられて、長年1代で築きあげた、ご両親の営む養鶏業を盛り上げていこうと、SHOP部分をなんとかしたい!とのことでした。
近年大きな公園もそばにでき、卵の販売所にも若いご家族連れも増えてきたとのことで、作業場の一部だった販売所を、わかりやすく、ベビーカーなどでも入りやすく、常連さんにも、新しく若い方にも、購入しやすい明るく雰囲気のよい店舗にするべく、材料、レイアウト、照明、ロゴデザイン、総合費用などの打ち合わせを進めて参りました。

ご実家の家紋をモチーフにしたシンプルなデザインのロゴや
卵が引き立ち、展示できる、クッション性のある天板の展示棚。
卵一筋の職人(お父様)が作業される様子が奥にちらりと臨め、
どんな方が、どんな思いで、つくられた卵なのかを感じられる
選びやすく、購入しやすいレイアウト・動線にしました。

現在は、着工前の最終打ち合わせに入っております。
伝統ある老舗感と、M様奥様と弟様の感性の融合が、どんなSHOP空間に仕上がるのか、私達も今からとてもとても楽しみです♪







(市川 吏保)