アフターフォロー 定期点検・家づくりアルバムお届け

今回のアフターフォローは、お引渡しから約半年後に行う、定期点検の様子をお伝えいたします。

まずは外回りから、、、。

玄関ポーチの前の安全と目隠しを考慮して造ったスリットスペース
生き生きと茂り、いつでも何かが葉や花を芽吹かせているそうで
帰宅時も、出かけるときも、ご家族の気持ちをほっと癒やしてくれているそうです。


庭にも、日差しや風が程よくあたる位置に、あじさい、ツツジ、ブルーベリー、トマトなど栽培されていました。


そして、一見日陰で植物には不向きかと思われる建物の裏の北側にも。
『夏は太陽が高いので、昼間だけ日があたって、あとは日陰になり、葉物やハーブにはちょうどいいですよ~』と奥様

敷地を無駄なく活用し、楽しまれていました。
外部の照明や駐車場など、問題なく暮らせているそうで、安心しました。



次に内部、、、。
玄関からリビングに入るドアノブの調整などありましたが
その他は、まったく問題がないそうで、
収納棚のパイプの追加など、承りました。

そして、間接照明で柔らかく照らされる壁が多いこのお宅。
これは、先日の奥様の誕生日に、奥様が出かけられている間に、
娘さんのご主人で飾り付けのサプライズをされたとのこと。
 
手前の飾りの影が
『おばけみた~い』と楽しまれた娘さん
『間接照明の壁、本当にいいですね!』と奥様
空間を存分に活用、楽しまれていて、本当に嬉しかったです。


テレビ番組をつけていることは殆どないとおっしゃっていたご家族。
最近は、TVとスマホをHDMIとこのアダプターで繋いで
パソコンもインターネット回線も使わず、上映されて楽しまれているとのことでした。

日々、家電やネット環境も変化する近年。
先行配線計画のため、いろいろ情報に敏感にならねばと感じました(笑)


こちらはダイニングテーブル横の子供さんたちの作品展示スペース

こちらも壁面に照明をあてていただいていたので、活躍していますと奥様。



その後、ご自身で発案した収納・パントリーなどの使い心地、ご家族の様子を伺いました。
『2階には殆ど上がらなくていい、一階寝室。
 こんなジメジメの時期でも洗濯物の干し場に困らない
 南側脱衣ランドリー室の便利さ、快適さ。本当に助かっていて
 造ってよかったです』と奥様。

又2階は子ども部屋と2つの書斎がありますが、
子供さんの友達が来ると、2階に一目散に上がって廊下ともつながるだだっ広い空間でのびのびと遊ばれていたり、ご主人も奥さんも専用の書斎=エアコン付きは、”最高の空間”だそうです。


お届けした”家づくりアルバム”も階段の飾りスペースにピッタリと収まりました。初めてお会いしてから、丸3年、、、振り返ると
話は尽きることがありません(笑)
また次の点検もよろしくお願いいたします。










(市川 吏保)

アフターフォロー外壁塗替え・駐車場増設

今回のアフターフォローは、10年前に弊社で建築されたお客様から

①『外壁が雨だれや経年変化で汚れてきたので、塗り替えたい』


 

②『社会人になった子供の車を止める場所を増やしたい』




というご依頼です。

 

半年ほど前から、予算組みや、工事の時期などをご相談しながら
住宅ローンの見直し(借り換え)なども合わせて検討してまいりました。

諸々整い、約1ヶ月弱の期間で、工事が行われました。

 

まずは、①外壁塗り替え工事です
足場を掛け、表面についた汚れを洗浄します

次に、養生をし、コーキングを外していきます

 
新たにコーキングを打ち直します

 

次に、耐久性があり汚れがつきにくい塗料を手作業で塗っていきます。
全面を2回塗ります

 

次に、パラペットの笠木板金や、雨といなどの塗装や補修を行っていきます

 

そして次は
②駐車場の増設です
今までは屋根付きに普通1台軽1台、奥に自転車が止められるようになっていましたが、大型1台、普通車2~3台全て屋根付きに止められるようにとのご希望です

まずは、ブロックを一部解体し、既存のコンクリート部分を広げます
 

段差のあった一番奥の部分の砂利などを取り、コンクリート駐車場の下地をつくっていきます
 

ブロックをつき直し、カーポートの脚を設置していきます

 

そしていよいよ完成です
 
色鮮やかに、継ぎ目部分も美しくなり、新築のようです

 
既存カーポートに少し重ね、新たにハイタイプのカーポートを設置し、


快適な駐車場スペースの完成です

 

 

『建築中は小学生だったお子さんが、
社会人になり車通勤されているなんて、、、ほんとに早いですよね』

同じ年の子供を育てながらの、家づくり、共感する部分も多く
その後も時々お互いの子育ての経過を話したりしながら、アフターや点検を行っていましたが、、、、あっという間の10年でした。

『意外に10年はすぐに過ぎる、、、
今現在のことが最優先ではあるけれど、子供を含めて家族の暮らしの変化、建物のメンテナンス、経年変化なども少し頭におきながら、家づくり計画進めて行かないとですね(笑)
でも、建ててもらった会社にこうして頼めると、いろいろわかってあるし、打ち合わせもスムーズで、とても安心です、ありがとうございました!!』
と奥様。

『ほんとに10年あっという間ですね!親である私達も歳をそれだけとっているんですよね。気持ちは全然変わっていないつもりなんですけど(笑)』

これからも、暮らしの変化に伴う、家のご相談、話をしながら
末永く、よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

 

(市川 吏保)
 

アフターフォロー水道・照明・建具調節点検

今回のアフターフォローは

■水道(配管)点検■
約8年前に建てられた御客様から、、、
『水道料金が、3倍になっていました!!!』とご相談が

皆様もご経験ありますでしょうか、、、
水道検針の際、急激な増減にこうしたお知らせの紙が入っていたこと。


お伺いして、内部の給水、配管に異常がないか
床下に漏れていないか、点検させていただきました
内部は、異状なし、、、。

外部の給湯器配管部分、外部の散水栓、、、と点検してみると
外部散水栓のホースが折れ曲がり、蛇口を開けても、ホースの先に水が出てこない状態でした

久しぶりにお会いしたご主人と、最近のご家族の様子、暮らしの様子をお聞きする中で、おそらくではありますが、その外部の散水栓が開きっぱなしの期間があったかもしれないとのこと、、、少し様子を見守ることになりました

水道料金は2か月に一回のため、こういったことが気がつきにくいと、大きな請求額になってしまいます。外部の水道蛇口、、、皆様も時々点検されてみてください

ご主人は『すみませんわざわざ来ていただいて、、、』とおっしゃっていましたが、なかなか点検されにくい、床下や配管など点検できたのと、ご家族、子供さんの成長ぶりなどお聞きできて、嬉しかったです。

 

 

次は、

◼️不慮の破損◼️

子供さんや、遊びに来られたお友達がたくさん集まられて帰られた後に、気づいたらこんなことになっていた!!!とのご相談、、、

壁に穴、、、


扉にも穴、、、

ショックですよね
このようなお話は、比較的多くいただきます

壁の場合は、壁紙の補修や張替えで、
扉の場合は、補修よりも、扉を交換した方が安価な場合が多いです

そして、できれば、火災保険の汚損破損という特約に入られていると
保険で対応できる場合があります。ご検討ください。
その他、子供さんが壁紙に落書きをしてしまった、、、などなども同様です。

 

 

次に、

◼️照明器具点検◼️

こちらも約8年前に建てられたお客様から、「ダイニングテーブル上のよく使う蛍光灯の照明器具が、バチンと音をたてて、二灯とも消えてしまって、菅を交換してもつかなかった」との連絡が、、、

私達が伺う→修理もしくは交換→改めて取り付け

となると時間もかかり、暗い生活が長くなるので、

蛍光灯安定器の寿命時期も近いことから、明るさサイズのLED同等品新品器具を持って、電気屋さんを連れて最短の数日後で伺うことに、、、

電気工事士の職人さんに点検&菅取付をし直してもらうと、、、

なんと!点灯しました!!

その他に

問題もないことが判明し、高い場所でしたのでついでにシェードのお掃除をして、元どおりに。

ランプ交換が少し複雑で、きちんとはまっていなかったようでした

「器具交換しなくても、もうしばらく使えそうです、良かったですね!」とお伝えすると、

大変恐縮されていたお客様でしたが、器具や設備のメンテナンスや交換は、お客様では難しかったり危険な場合も多くあります。是非無理せず、ご相談下さい

 

 

次は、こちらも比較的引き渡しから1年以内のご相談ご依頼の多い建具の調整です

◼️建具の調整◼️

扉のデザイン、特にガラス面が大きい建具や、高さのあるハイドアは、反りやすく、枠に当たり、扉に傷が付いたり、音がしたりしやすくなります

扉の側面上下や、蝶番の、前後左右を調整する部分にプラスドライバーで調整を行っていきます

開きの1枚扉などはお客様でも簡単に行えますが、少し難しいのが、引き戸やアウトセット引き戸や、三枚連動引き戸です。

この3枚の扉が連動して2枚分広く開く三枚連動収納扉はとても便利な扉で人気がありますが、調整が難しいのが少し難点です

 

調整が終わって、マグネットが付く壁マグマジックの部分に何やら発見、、、

なんとなんと!充電式のマグネットに付く見守りカメラ!!ではありませんか

 

最近、内部では、赤ちゃんやペットの様子の確認に、

外部では防犯に、問い合わせや見積もりやご相談を多く受ける、防犯カメラ❣️

 

新築の壁に穴を開けたくないんです、との意見も多く、施工も電源確保、防水と非常に高額になったり頭を悩ませていたところでした

外部でも使えて、もちろんスマホに画像が送られてくるらしく、画質もとっても綺麗でびっくりしました

2つセットで、あのコスト◯さんで購入できるとのこと!!!

素敵な情報を頂きました、ありがとうございました

暮らしの事、工夫、情報は、こうしてお客様から頂くことも多いです、ありがとうございます。

 

最後に、現在計画中の二世帯ご家族にそっくりな階段部分の写真を撮らせていただきました

こちらは、愛犬が1、2階自由に行き来できのびのび暮らせる完全二世帯住宅

もうすぐ始まる家は

愛猫が1、2階自由に行き来できのびのび暮らせる二世帯住宅❣️です

画像を見たお施主様から、「これならよさそうです、イメージが描けました〜」と御礼頂きました。

 

建てられて暮らしが始まられているお客様の意見感想を、これから建てられるお客様に繋ぐ、、、私達の大事な仕事です。

これからも、どしどしご意見、ご感想、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

(市川   吏保)

アフターフォローLEDダウンライト・カーテン・自転車屋根

今回のアフターフォローはじめは

■LEDダウンライト交換■
LED照明は、半永久もつ!と言うイメージをお持ちの方も多いと思いますが、
LEDランプは長寿命ではあるのですが、
現在新築に普及しているダウンライトは、ランプと本体が一体型なので
点灯しなくなった際は、ランプだけを交換することはできません。

使用頻度の高い場所は、10年前後で器具自体の寿命を迎える場合も多くあり、その時期を迎えられるお客様には、新しいLEDダウンライト器具の交換施工に伺っています

 

今回ご紹介するお宅は、白熱灯と蛍光灯ダウンライトを
電気代も安く、本体もお手頃な価格になってきたLED器具に交換をご希望されました
 
見た目もスッキリとなり天井面も明るくなります

現在は、スイッチひとつで3色光源の色が変えられたり
調光できるタイプのものも普及してきましたので
交換の際は、価格とご希望をお聞きして、交換器具をおすすめしています


このお宅は、数年前、リビングに寝ることの多いお子さんの眩しさを考慮して、カーテン生地で天井シェードも付けられるよう、フックを取り付けています

シーンに合わせて、リビングの雰囲気が変えられて、重宝していますとお客様(*^^*)

 

 

 

 

次は、その
■カーテン・シェードの修理や交換■

南側の紫外線が強い場所や、操作の頻度が多いリビングや子ども部屋、
ペットのいるスペースのカーテンの修理や交換ご依頼が多いです

 
薄く生地感が軽いものの痛みが多いようです。



こちらは、生地は厚くしっかりしていたのですが、
メカの紐が切れてしまったとのこと、、、。

カーテンの生地とメカをお預かりして
メーカーの工場へ、、、。

約10日ほどできれいになって戻ってきます


 

 

 

次は、新築時小さかったお子さんも、小学校に入学されるということで
自転車置場に屋根を付けてほしいとのご依頼です
自転車は、子供さんの大事な移動手段として約10年は活躍します
屋根があるのとないのでは、自転車の買い替え頻度も変わってきます

■自転車置場屋根■
まず、現場で採寸やお打ち合わせを行います
 
仕様やサイズ、位置が決まったら、、、いよいよ施工です



工事は、一日で行われます

コンクリートをはつります
かなりの深さ埋め込みますので、将来的にもカーポートや自転車屋根をご予定の方は、その部分だけでも土にされておくと、施工費も抑えられます



現場のスペースや、雨樋、窓などに合わせて、
現場で細かく加工していきます


光を通す遮熱のポリカーボネートです



 
新築時から、将来はここに屋根が付けられるようにと
造っていたスペースに、ピッタリと収まりまりました


ウッドデッキ・物干しスペースを全く邪魔せず、馴染んでいます


何年経っても、塗り壁外壁は、重厚さ、鮮やかさ、美しさ健在です☆

法面があるので、実質は50坪を切る敷地の広さに
並列に車4台、1階に寝室・和室、南側ランドリー室、20帖LDK
そしてグランドピアノの中2階ともつながるという、
無駄のないすごい間取りが収まっているK様邸

雨に濡れない自転車置場まで完成し、敷地の有効活用も、完璧になりました!!

 

 

 

 

(市川 吏保)

アフターフォロー 2階増築・テラスシェード・ガラスフィルム施工

2018年までに行ったアフターフォローの施工例、
第3回目は2階増築工事・テラスシェード・ガラスフィルム施工です。

 

■2階増築(洋室2間を4帖づつせり出し広げ新たに屋根外壁工事)■

約8年経っておりますが、耐久性の高い瓦と外壁は、全然変わっていません。



増築部分に、足場をかけます



瓦を外し、床を組んでいきます

内部は防音マットや断熱材を入れ、床や壁を作りながら、、、



外部も防水処理下地、屋根施工を行います。



約1か月の工事で、2階の2洋間4.5帖→8.5帖増築完了です。





『窓も床も新しくなって、本当に広くなりました。
これで、来客があったり、親戚を泊まらせたり、もし将来子供たちが孫をつれて戻ってきたりなど、いろんな場面で安心して暮らせます』と奥様。



既存の部分と増築部分がわからないように
きれいに外壁も仕上がりました。

 

 

■テラスシェード■

庭へ出入りするリビングの大きな掃き出し窓からの
雨の降込みや、日差しの調整のご相談も多くいただきます。

中庭から見える空の広さを優先して、庇は最小限にした平屋のお宅、、、
1年後の夏、やはり庭や空は室内から臨みたいけど
使いたい時だけ引っ張り出して使える、シェードをつけたいとのご希望でした。



デッキの寸法に合わせて、特寸でのオーダー品になりました。



窓の枠に取り付けられるので、存在感がなく、使わないときは、すっきりしています。



それから、このシェードの優れているところは
日差しの遮断率は高いのに、ちゃんと庭や空が透けて見え
室内からの広がりを止めてしまわないところ!
さらに、急な雨の降込みも防いでくれる優れものです!!



全部降ろしても、物干し竿も、絶妙にかわしています。

 

 

■ガラスフィルム施工■

キッチンの吊戸棚の上の窓。
建築中は美しい森で緑が借景できると、透明ガラスにしていたのですが、、、
なんと!ご入居後1か月で、その森を市町村が伐採(-_-メ)
『毎日の家事中に緑が見えていたのと、この向こうの家から覗かれているようなのでは、気持ちがまるで違う』とご家族、、、



観葉植物を窓のところに飾るとか、外部に木を植えるとかいろいろ検討しましたが、今は育児と家事で忙しく、植物にかける時間はないし
また将来透明ガラスにしたくなることもあるかもしれないと検討した結果
費用対効果も考えて、光は通すけど視線だけ隠せる、ガラスフィルム施工に決まりました。

 

 

暮らしというのは、1日も同じ日がない!
子供さんも大きくなるし、ご家族も歳を重ねていく、、、

そんな暮らしの変化にもあらかた対応できるように
そして、この暮らしのモデルである、建てられたご家族の声にも寄り添って
対応させていただくことが、これから家を建てられる方々の参考になると信じています。


現在進行中の工事や職人さんの関係で
すぐにご対応できないことも多いかもしれませんが
できるだけ、緊急性のあるものからきちんと対応していきたいと考えております。
いつでも、お気軽に、ご連絡ご相談、ください。

 

 

(市川 吏保)