アフターフォロー 壁掛けTV・リビング階段の扉・床下収納庫追加

今年も残すところわずかとなりました。

弊社で家づくりされたお客様も約150組以上にのぼります。

毎年この時期は、社長自ら、書き込みやすくシンプルなカレンダーを持って、ご挨拶周りに出向かせていただいております。

年々、早いものだなあと感じております。

弊社は、建てられた後、暮らしが始まってからも
毎日いづれかのお客様から、ご連絡いただき、
お掃除や、メンテナンスのご相談、お見積もり、
手直しなどの活動を、行っております。

そんななか、住まれた後の方が、どんなご相談や手直しのご要望などが多いのか、これから家づくりされるご家族にも参考になるのではないかと思い、このカテゴリーを追加し、不定期にはなりますが、ご紹介していこうと思っております。

 

まず最初は、2018年までの施工例を何度かにわけてご紹介いたします。

 

■壁掛けTV■
最初にご紹介するのは、ご相談が最近特に多い、壁掛けTVに対応した配線移動と取り付けです



5年前に平家を建てられたこちらの御宅は、その後65インチのテレビに買い換えられ、26帖の広いLDKどこからでもテレビが見える位置にスッキリと壁掛けにしたいとの御相談でした。

壁の内部、筋交い、柱、断熱材、電気配線などの全て図面と画像に残しておりますので、素早く位置を出し、作業開始です。



テレビ側の準備をしながら、壁側は電気屋さんによる、コンセントの移動、追加施工です。テレビの後ろに隠れる位置にコンセント、配線を移動、追加していきます。



すぐにその新規コンセントに合わせて、壁掛けTV専用金物を下地(柱や間柱)を狙い、取り付けていきます。



壁側はこれで完了!

TV側にも金物を固定して、、、



広いLDKどこからでも見えて、TV台がなくなり、
配線も見えず、とてもスッキリで、さらにリビングが広く感じられました。

 

 

■リビング階段の扉■

こちらは、8年前に建てられた御宅
吹き抜けもあり、リビング階段はオープンにされていましたが、、、



冬は冷気がこの部分からどんどんLDKに入り込んでくるということで、、、



アウトセットの、光もたっぷり通す2500高さのハイドアを取り付けました。
『吹き抜けはあっても、この扉のおかげで、全然違います』と
喜んでいただいております。


近年は、このコールドドラフト現象対策の扉はたくさんのご家族が採用されています。

 

 

■床下収納庫追加■

弊社はメンテナンスのため、一階には床下点検口(収納も可)
2階には天井点検口をそれぞれご希望の場所にお付けしています。
このお宅は、お住まい後一年目に
『収納としてとても便利なので、パントリーに一つ追加してほしい』とのことでした。



棟上げの時『(大きくなったら)大工さんになりたいです!!』と大きな声で宣言した長男君、あこがれのm嶋棟梁と久しぶりに会えてうれしそうです。
しっかりお手伝いします!(^^)!



フロアと同じ素材を張り、完了です!!

 

 

暮らしというのは、1日も同じ日がない!
子供さんも大きくなるし、ご家族も歳を重ねていく、、、

そんな暮らしの変化にもあらかた対応できるように
そして、この暮らしのモデルである、建てられたご家族の声にも寄り添って
対応させていただくことが、これから家を建てられる方々の参考になると信じています。


現在進行中の工事や職人さんの関係で
すぐにご対応できないことも多いかもしれませんが
できるだけ、緊急性のあるものからきちんと対応していきたいと考えております。
いつでも、お気軽に、ご連絡ご相談、ください。

 

 

(市川 吏保)

アフターフォロー インターホンの交換・クロス張替え・エコカラット(調湿タイル)・点検&ご様子伺い

2018年までに行ったアフターフォローの施工例、
第2回目はインターホンの交換・クロス張替え・エコカラット(調湿タイル)・点検&ご様子伺いです。

 

■インターホンの交換■

こちらも比較的最近多いインターホンの交換ご依頼。9年~10年経った御宅では、家電と同じく
同時期に、設備の寿命や取り換え時期を迎え始めます。



数分で交換作業、さらに設定、試運転まで完了します。
基本的に、施工していただいた業者さん、職人さんにできるだけ
メンテナンス工事もお願いするようにしております。

ご家族が増えていたり、子供さん、ペットちゃんも大きくなっていて
お互い月日の流れの速さを感じあいながら、久しぶりにお会いできるうれしい時間でもあります。

 

 

■クロス張替え■

小さな子供さんがいらっしゃると結構多いのがクロスの張替え。
いろいろなご家族の暮らしを見ていると
子供さんの目線から下や、水回り、枕元の痛みが多い傾向にありますので
そのような場所は、できるだけ高耐久の壁紙をお勧めしております。



こちらは、3年前に建てられた御宅の、1階和室=5人家族みんなで寝る寝室でもあります。
やはり、元気な子供さんの足や手が当たって、1年点検でも手直しはしていたのですが、今回は一部張替えをおこないました。

 

 

 

■エコカラット(調湿タイル)■

玄関や寝室などにご要望の多い、インテリア性もある調湿タイル”エコカラット”。
こちらもお住まいになられて、この部分にも増やしたい!というご要望とても多くいただきます。



消臭や調湿の効果を実感されているご様子です。
クロスの上から施工可能なので、作業もしやすく短時間で施工完了です。

 

 

■点検&ご様子伺い■

定期点検とは別に、暮らしのご様子をうかがいに行くこともあります。
こちらは4年前に建てられた御宅の四季を感じる庭のその後、、、
南側は高さと種類の違う様々な樹木がのびのびと育っていました。



和室からも、灯篭のコケ、モミジが季節感をしっかり演出。
奥さんの手入れのよさがうかがえます。

植物も家族が口にする食物にも、細部にまで気を使われる
”毎朝5時から土鍋でお米を炊く奥様!”



『女性の疲労回復メニューですよ(^_-)-☆』とおもてなしいただいてしまいました。



『住んでから、何年経っても、日々、暮らしやすさを感じて、
ロイヤルさん、職人さんに感謝の気持ちが絶えませんよ』
と奥様、、、

この言葉をうかがう度に、これからのご家族にもそう感じていただけるよう
もっと、もっと、ご家族の暮らし方に寄り添って、頑張ろう!!と
思うのでした。

 

 

暮らしというのは、1日も同じ日がない!
子供さんも大きくなるし、ご家族も歳を重ねていく、、、

そんな暮らしの変化にもあらかた対応できるように
そして、この暮らしのモデルである、建てられたご家族の声にも寄り添って
対応させていただくことが、これから家を建てられる方々の参考になると信じています。


現在進行中の工事や職人さんの関係で
すぐにご対応できないことも多いかもしれませんが
できるだけ、緊急性のあるものからきちんと対応していきたいと考えております。
いつでも、お気軽に、ご連絡ご相談、ください。

 

 

(市川 吏保)

アフターフォロー 2階増築・テラスシェード・ガラスフィルム施工

2018年までに行ったアフターフォローの施工例、
第3回目は2階増築工事・テラスシェード・ガラスフィルム施工です。

 

■2階増築(洋室2間を4帖づつせり出し広げ新たに屋根外壁工事)■

約8年経っておりますが、耐久性の高い瓦と外壁は、全然変わっていません。



増築部分に、足場をかけます



瓦を外し、床を組んでいきます

内部は防音マットや断熱材を入れ、床や壁を作りながら、、、



外部も防水処理下地、屋根施工を行います。



約1か月の工事で、2階の2洋間4.5帖→8.5帖増築完了です。





『窓も床も新しくなって、本当に広くなりました。
これで、来客があったり、親戚を泊まらせたり、もし将来子供たちが孫をつれて戻ってきたりなど、いろんな場面で安心して暮らせます』と奥様。



既存の部分と増築部分がわからないように
きれいに外壁も仕上がりました。

 

 

■テラスシェード■

庭へ出入りするリビングの大きな掃き出し窓からの
雨の降込みや、日差しの調整のご相談も多くいただきます。

中庭から見える空の広さを優先して、庇は最小限にした平屋のお宅、、、
1年後の夏、やはり庭や空は室内から臨みたいけど
使いたい時だけ引っ張り出して使える、シェードをつけたいとのご希望でした。



デッキの寸法に合わせて、特寸でのオーダー品になりました。



窓の枠に取り付けられるので、存在感がなく、使わないときは、すっきりしています。



それから、このシェードの優れているところは
日差しの遮断率は高いのに、ちゃんと庭や空が透けて見え
室内からの広がりを止めてしまわないところ!
さらに、急な雨の降込みも防いでくれる優れものです!!



全部降ろしても、物干し竿も、絶妙にかわしています。

 

 

■ガラスフィルム施工■

キッチンの吊戸棚の上の窓。
建築中は美しい森で緑が借景できると、透明ガラスにしていたのですが、、、
なんと!ご入居後1か月で、その森を市町村が伐採(-_-メ)
『毎日の家事中に緑が見えていたのと、この向こうの家から覗かれているようなのでは、気持ちがまるで違う』とご家族、、、



観葉植物を窓のところに飾るとか、外部に木を植えるとかいろいろ検討しましたが、今は育児と家事で忙しく、植物にかける時間はないし
また将来透明ガラスにしたくなることもあるかもしれないと検討した結果
費用対効果も考えて、光は通すけど視線だけ隠せる、ガラスフィルム施工に決まりました。

 

 

暮らしというのは、1日も同じ日がない!
子供さんも大きくなるし、ご家族も歳を重ねていく、、、

そんな暮らしの変化にもあらかた対応できるように
そして、この暮らしのモデルである、建てられたご家族の声にも寄り添って
対応させていただくことが、これから家を建てられる方々の参考になると信じています。


現在進行中の工事や職人さんの関係で
すぐにご対応できないことも多いかもしれませんが
できるだけ、緊急性のあるものからきちんと対応していきたいと考えております。
いつでも、お気軽に、ご連絡ご相談、ください。

 

 

(市川 吏保)