福岡市【a様邸】外壁工事・木工事・床暖房(眺望リビングのお打合、造作工事もいよいよです!!)

福岡市【a様邸】

まずは外壁工事の様子から
透湿防水シートと通気胴縁が施工された後
JIOによる防水検査を受けます

外壁縦張り部分には、
縦張り用の通気胴縁です

 

そして大工さんの木工事は、外部の物干し、傘掛けなどの
下地の補強材入れ、、、

 

それから、木目の軒天井材施工です
 




次に、内部のニッチや、物干し、小物部材の補強材入れ施工です
脱衣室昇降式の物干しホスクリーン用、、、


寝室枕元の充電や飲み物置きになるニッチ、、、

カーテンの下地(補強材)

大工さんの施工の合間を縫って
和室エアコンの先行配管や
ダクトや給気口の先行配管も行われます

 

そして、この日は、LDKの床暖房パネルの施工です
打合せどおりに細かく配置していき、専門の職人さんが敷いていきます

 

その後すぐにフロア張りが行われます
今回も天然木厚単板の床暖房対応幅広ウォールナットです

 

寝室・子供室のフロアも張られました

 

a様とは、外壁工事、電気配線工事、内部の造作工事の直前に
現場で、細かく、最終のお打ち合わせを行います

雨樋・板金・センサー照明やカメラの位置、種類、、

 
アンテナや日よけのタープフック
外部柱の収まりなどなど、、、


 

内部は、全てのスイッチコンセント照明の位置、、、

それから、a様最大のこだわり”眺望リビング”の
ダイニングテーブルの大きさ、
階段の位置、を実際の寸法や高さを
テープを張り、材料を合わせて、確認していただきます

『実際の空間で、実際の材料や大きさで
 とてもわかり易く、イメージが湧いて
 本当に愉しみでたまらなくなりました』とa様

 

 

その打合せを元に、外壁工事、内部造作工事、電気配線工事が
一気に進められます

 

 

そして、いよいよ!!眺望LDKの造作です

4mある大きなカウンター材を
細かく加工して、納めていきます


腰掛ける小上がり部分と眺望窓まわりの下地が組まれました!!


向かって左は26帖LDKのどこからでも見える位置に
壁掛けTVが斜めにかけられます

 
収納の壁は、腰掛けた際の背もたれになります
また、ロールスクリーンや間接照明用の開口も設けています


さらにエアコンやCD6000枚が収まる高い位置の
カウンター2枚も取り付けられました!

圧巻の眺望窓スペース
とっっっっても愉しみです♪

 


さらに、お打ち合わせで決まったキッチン・ダイニングテーブル周りの造作も
造られていきます。


何度も久留米の家具店まで確認に行ったダイニングテーブルや
天然木フロアの日焼けや経年変化を見越して、
数年後全体的に色が統一される想定でカウンター材を選びました

 

いよいよ、26帖勾配天井の複雑な配線・照明工事が始まります