注文住宅って、こんなに注文していいんですね(笑)

3年前に弊社で家を建てられたMさま。
ロイヤルハウス (有)イモトとして初めて「適材適所収納」をつくったお宅で、
今でもファンが多いMさま邸にお邪魔してきました!

開放感のあるリビング01
▲開放感のあるリビングは3年経っても素敵な空間でした

福岡で家を建てるなんて、想像もしていなかった

もともとは宮崎に住んでいらっしゃったMさまご一家。
福岡に移って来た時には、福岡に戸建てを建てられるイメージがなかったため、まずはマンションに住み始めたそうです。
防犯面など、マンションの良さはあったそうですが、家づくりにも興味はあったそう。


宮崎にいた時に、コストを抑えた建売屋さんの家を見たりもしていましたが、全然ピンとこなくて…
偶然ロイヤルハウス宮崎店の内覧会に行くことがあったのですが、
そこで家づくりの良さを感じて「家を建てるならロイヤルハウスだ」と思っていました。

その後福岡に移り、賃貸マンションで暮らしていたのですが、
敷地内に駐車場が無く5分位離れた駐車場へ行き来しないといけない不満や、
借りてるマンションに家賃・駐車場台を毎月十数万払い続けるのもな…
という思いが出てきて。

そんな中、ふとした時にロイヤルハウス (有)イモトさんのブログを発見!
記事の内容の濃さと家事動線の良さに一気に惹かれました。
見ているうちに内覧会のお知らせを発見して、実物を見たくなり、
予約もなく突然内覧会に滑り込んだのが最初の出会いでした。
終了間際に駆け込んでいったのに、とっても対応が良かったのが印象に残っています。

開放感のあるリビング02
▲やわらかな光が2階から差し込みます

家事動線の素晴らしさと、井本社長のインパクトに驚き!

内覧会にお邪魔したお宅は思っていた以上に家事動線が素晴らしく、
そこでの生活がイメージしやすいつくりで感動しました。
振り返ると、この日が家づくりを現実的に考えるようになったきっかけだったかな。
建てたくて見に行ったというよりも、実際の家を見たら建てたくなったという感じです。

ちなみに、この内覧会で初めてロイヤルハウス (有)イモトの井本社長にお会いしたんですが、
ひとことで言うと、インパクト大!(笑)
家づくりに関して、どこから手を付けていいかもわからない状態でお邪魔したのですが、
井本社長が親身になっていろいろとアドバイスをくれたんです。

土地が決まらないと間取りも決められないこと、
自分で足を運ばないとなかなかいい土地はみつからないこと、
ネットに出ている情報はあまり当てにしないほうがいいことなどなど。

「良い土地があったら一緒に見に行くし、なんでもいいから気になることがあったら電話しなさい!」
と後押ししてくれたのも心強かったです。

Mさまたちと出会った時のことを井本社長に聞いてみると、
「宮崎から出てきて何もわからん状態で変なところに引っかかってしまったら大変や」
とMさまたちのことをすごく心配していたようです。

コンパクトにまとった家事動線
▲コンパクトにまとまった家事動線


ゼロからのスタートを強力にサポートしてくれました

家を建てる気になってから、大手のモデルハウスなどもいろいろ見に行きましたが、
営業がしつこかったり、広さの割に圧迫感があったり、イマイチ納得できない感じ。
モデルハウスは無駄にオプション満載で規模が大きく、生活をイメージできませんでした。

そんな折、たまたま通りかかったところで古いアパートが取り壊されているのを発見!
井本社長の「気になることがあったら電話しなさい」という言葉を思い出して電話をかけてみたところ、
すぐに社長が連絡をしてくれて、今の土地を手に入れることができたんです。
この時の動きは本当に早くてびっくりでした。

土地は決まっても、今まで家を見て坪数なんて気にしたことなかったので、
希望の雰囲気はあっても「じゃあ何坪にしたらいいの?」という状態。
本当に0からのスタートだった私たちをロイヤルハウス (有)イモトのみなさんが後押ししてくれました。
実際にロイヤルハウスさんで建てたお宅をいくつも見学できたことで、
自分たちの求める形もわかるようになってきたのも良かったと思います。

いちばんすごいと思うのは、とことん住む人の目線になって家づくりを進めてくれるところ。
周りに家が建った時のことを考えたプランニングや、自分たちでは気づかないような
玄関先の塀の場所や車の導線などもたくさんアドバイスしてくれました。
(住んでみて納得というか、本当に助かっています)

そうそう、隣にアパートが建つ予定があったのですが、井本社長が
アパートの窓が私達の家の方に向かないよう交渉もしてくれたんですよ!
そこまでしてくれるなんて!と感激でした。

仲良く遊ぶMさまとお子さま
▲取材中も親子仲良く遊ぶ姿が微笑ましかったです

とことんこだわった自分たちに、とことん向き合ってくれた

家づくりが本格的に始まってからは、イメージ写真をバンバン送ってました(笑)
「できるできない別にして、こんなのが気になる」というのをお伝えして、
プランナーさんが生活レベルに落とし込んでくれる、という感じ。
無茶ぶりもたくさんしたような気がしますが、それを現実的なコストで叶えてくれました。
自由にさせてもらいすぎて、申し訳ないくらい(笑)

まずここの土地は台形なので、とてもむずかしい設計だったと思いますが、
隅々まで無駄のない形で設計してもらえました。
古いアパートを崩した時は「本当にここに家を建てられるんだろうか…」
と思ってましたが、結果的に採光もバッチリの開放的な空間に仕上げてもらえて良かったです。

吹き抜けがあって開放感はあるけど、天井のファンで冬は暖かく夏は涼しいんですよ!
ファンも自分たちで手入れがしやすいように、真ん中より部屋に近いところに付けてくれました。
真ん中に付いてたらいちいち業者さんにメンテナンスを頼まないといけなかったので、
メンテナンス代が節約できるのも嬉しいポイントです。

メンテナンスしやすい天井のファン
▲自分でメンテナンスできる天井のファン

他にも、テレビ台はフルオーダーで革のものにしたり、キッチンもギリギリで革のものに変えたりと、
細かいところまでたくさんこだわりました。ここまで理想を実現できたのは、
自分たちの希望を親身に汲みとって、一緒に考えてくれたからこそ。
おかげで、来客があった時、室内の開放感やキッチンもほめられます。
家事に「気合い」が必要なくなったのも、なにげに嬉しいところです。

また、子供の成長に合わせた使い勝手を教えてもらえたのも良かった。
(扉を付けない収納や、自転車置き場の広さなど)
子供が必ずキッチンを通って行く間取りなど、家族の顔が見えて当たり前の環境になったことで、
今でも子供が「一緒に寝よう」といってくるくらい家族の雰囲気が良いんですよ。

それぞれ自分の部屋があるのに、いつの間にかみんな自然とリビングに集合してます。
うるさい時なんかは、はやく部屋に行ってくれないかな〜なんて思うくらい(笑)

以前のマンション生活で不満だった駐車場も、今は「車のトランクから3歩」!
「車や自転車を止める→移動→片付ける→部屋に入る」という導線が短いので、
みんな自然と片付けができるようになって、家をきれいに保てています。

あとは、エコカラットをつけたことで、どれだけ冬に室内を温めても結露が無いんです!
これには驚きました。おかげでとっても快適♪
寝室にはエコカラットをつけていなかったので、今後寝室にも貼ろうかな。

車のトランクから3歩の導線
▲車のトランクから3歩!の導線

「こうしておけばよかった」が全くありません!

現場が近かったこともあり、しょっちゅう現場に見学に行っていましたんですが、
職人さんが一つ一つ手作業で作業してくれているのを見て、お話を聞くこともできて、
いろんな人の力で完成したんだというのが強く実感できました。
そうすると、家を大切にしようという気持ちがすごく強くなりました。

Mさまは大工さんや現場スタッフにものすごく配慮をしてくださっていて
職人さんたちとも仲良くなっていらっしゃいました。


家づくりって後から「こうしておけばよかった」が出てくるものだと思うんですが
私たちの場合は全くないんです。本当に。
自分たちの好みや癖なども理解してくれて、言わなくてもいい感じにしてくれるところがやはりプロ。
また、一人の担当さんと最初から最後までやり取りができるので、打ち合わせもすごくしやすかったです。

自分たちでは気づかない部分への配慮や、人の成長や変化を見越して、
変えやすい「余白」を残した設計をしてくれたこともとても助かっています。
何十年先まで見越した家づくりをすることができたからこそ、
今こうして100%満足していられるのだと思います。

宮崎にいた頃、そして福岡に移ったばかりの頃は
まさか自分たちが家を持つと思っていませんでしたが、
あれよあれよという間に家が建っていた感じ。
本当に良いご縁があったと思っています。

家族の顔が見える空間
▲家族の顔が見える空間

これから家を建てようと思っている方へ

モデルハウスではなく、実際に建てて生活されている家をたくさん見ること。
これは絶対にしたほうが良いです。モデルハウスは現実的じゃないですから。

あとは、流行りを取り入れるのもいいけど、長く住んでいくことを考えて
暮らしやすい動線・間取り・設備を追求したほうが良いと思います。
もちろん、自分たちの好みや気になることは遠慮せずに伝えることが大事です!

今後のロイヤルハウスさんに期待することは…
要望を聞くのは良いけど、無理しすぎてパンクしないでくださいね!
最近は、お客さんの要望も細かく難しくなっているそうなので、
がんばっている棟梁さんや職人さんたちも報われる仕組みにしていってほしいです(笑)

これからもずっと口コミナンバーワンの会社であり続けてください!



家を建てたあとでも私達のことを気遣ってくださるMさま。
息子さんたちも優しく成長してくれることと思います。
これからも、どうぞよろしくお願いします!


完成記事はこちら

今後変えたいところは「ありません!」

ご自身のお宅が完成した後も、ロイヤルハウス (有)イモトの見学会に
皆勤賞で来ていただているくらい(笑)家づくりが好きなIさま。

抜群の空間認識能力でつくり上げたお宅には、
シンプルな中にも長く快適に暮らしていけるこだわりが詰まっていました。

やわらかな光が差し込むリビング
▲やわらかな光が差し込むリビング


家族の夢や人生をつくっていくための家づくり

もともと家を建てたいという希望はあったんですが、
動き出した当初はまだ漠然とした感じ。
「娘が小学校に上がるまでには家を建てたい」
と思うようになり、家づくりがいよいよ現実的になりました。

それまでは、休みがある時に展示場にフラッと行っていたくらい。
実は前の家に対して不満という不満もなかったんですが、
家族の夢や人生をつくっていくために、
私たちの考えていた理想を叶えていくために家をつくりたいな、と。

それをロイヤルハウスさんが実現してくれた、という感じです。

出会いはまったくの偶然でした

家を建てる土地は(奥さまの)実家がある場所にしようと決めていました。
これは本当に偶然なんですが、実家の前を通る道沿いに
ロイヤルハウスさんで家を建てている現場があったんです。

そのうち見学会が開催されていることを知ったんですが、
なかなか一人では入りきれず(笑)、姉と一緒に見学会に行きました。
とてもリラックスした雰囲気が印象的でした。
※お姉さまはとても行動派!この時の後押しがIさまとの家づくりにつながりました。

そして後日、ご主人も一緒に再度見学会へ。
ニッチとサンルームがとっても気になっていて、
井本社長に「ニッチはどこでも付けれますか?」と聞いたんですが、
「どこにでもつけられますよ!」と即答されたのには衝撃を受けました。
※他社さんでは、できるとはいうものの、本当にできるの?と疑問の残る反応が多かったり、現実的ではない提案をされたりということが多かったそうです。

他社のオプションてんこ盛りなモデルハウスと違って、
生活するレベルに一番近いものだったのも印象に残っています。


キッチンも直線と四角でスッキリ!
▲キッチンも直線と四角でスッキリ!


決め手はキャピキャピできること!(笑)

契約を決めるまで、実は他社とも土地や図面の話を進めていたんですが、
他社に対してはあまり乗り気じゃありませんでした。
営業さんが「希望することは全部やるから是非!」と押してはくるものの、
モデルハウスを見てみると、しっくりくる家が無いなと感じていたんです。

ロイヤルハウスが気になる…でも、もっと良い会社さんと出会うかもしれない…
いろんなところを見て回ったり話を聞きに行っていましたが、
それだけでけっこう体力も精神力も消耗してました。

夫婦で「心の中では決まってるでしょ?ダラダラ同時進行せずキチッと決めよう!」
という話し合いをし、家を一番使う奥さんが一番キャピキャピできるところということで、
ロイヤルハウスさんとの契約を決めました。
※奥さま優先のご主人に、取材中女性陣から拍手が起こりました(笑)


今後変えたいところは「ありません!」

実際の家づくりでは、奥さま主導でやりたいことをご主人に共有し、
それに対してご主人が意見を出す、という流れで進んでいきました。


2階建てにするか迷ったこともあったのですが、
「1階を生活のメインにしたい」という思いがあって、
熱効率や圧迫感や将来のこともきっちりシミュレーションしてくれたので
納得して平屋感覚のつくりで進めることにしました。

できるだけ四角や直線を使ってスッキリと見せたかったので、
スイッチの形も選びに選び抜きました。

また、熱効率にもすごくこだわっています。
不快に感じるレベル(暑がり・寒がりなど)をしっかり把握してくれるのには
驚きましたし、プロは頼りになるなと感じました。
おかげで、冬でも暖房をつける時間がかなり減ったのにとても過ごしやすいんですよ。
※「自分は寒がりなので、床暖房は本当に取り入れてよかった!」とご主人

見学会で見て、絶対に取り入れる!と決めていたサンルームも大活躍!
もっと広くてもよかったかなーと思うくらいです(笑)
でも、今の広さも日当たりや将来の可能性・他の間取りも踏まえて
考えてもらったので、とても満足しています。

妥協した点を探すなら「全面を塗り壁にすること」ですが、
現実的なメリットデメリットをきちんと説明してもらって納得して一部だけにしました。
実際に住み始めて、メンテナンスのことなどを考えると
全面はやめておいて正解だったなと思っています。

そうそう、塗り壁の素材についてはとってもこだわっていたので、
素材メーカーさんまで行ったり、実際にその塗り壁を使っている家に連れて行ってもらい、
時間によって素材の見え方が変わるところまで体験させてもらいました。
ここまでしてもらえるとは思わなかったので、とても心強かったです!

現場で職人さんと直接話したり打ち合わせることができたのもとても安心できました。
場所を優先していたので、当初は費用面で建売しか無理かな…と思っていたんですが、
注文住宅にして本当によかったと思います。

動線や住みやすさなど、すべて納得の上でつくり上げることができて、
理想どおりの家づくりを叶えてもらえました。本当に満足しています。

今後を見据えてじっくり考え抜いて作ったIさま邸。
今後変えたいところは?との質問に「ない!」とズバッとお答えいただいたのが印象的でした。


塗り壁で変化を楽しむ家
▲Iさまこだわりの塗り壁が青空に映えます。


家づくりはコミュニケーション

完成に向けて何度もお打ち合わせを重ねたIさま。
家づくり全体を通しての感想を伺ってみました。


入居した初日は眠れませんでした。
まだ自分の家という感覚がなくて落ち着きませんでしたね(笑)

ロイヤルハウスさんとの家づくりを通して感じたのは、
「人」の部分がとても大事だということ。
話が脱線することも多かったけど(笑)、雑談も楽しめてよかったです。
根を詰める打ち合わせばかりだとうまくいってなかったかも。
家づくりを経て、自分の好みを知った部分もあります。

要望や思っていること・考えていることが伝わりやすいのもよかった点。
他社は営業さんとの打ち合わせで、返答に時間がかかることもストレスでしたが、
設計をしている人と直接話ができるのもすごくいいと思います。
要望をダイレクトに伝えられるので、アフターフォローもバッチリ対応してもらってます。


こだわりの小上がり和室
▲上品な小上がり和室。


これから家を建てようと思っている方へ

まず最初に言っておきたいのは、
ロイヤルハウスさんとの打ち合わせは楽しいですよ!!、ということですかね(笑)

家づくりを始める前提として、体力はとても大事です。
たくさんショールームを見に行ったりしますし、
こだわればこだわるほど打ち合わせにも時間と労力がかかるもの。
自分でもよく体力がもったなと思います。

それから、「実邸見学」に行くこと。これは絶対に!!
モデルハウスは生活レベルには遠いものも多いので、
実際にこれから生活が始まる「実邸見学」に行くべし!です。
あまり好みじゃないテイストでもあえて行ってみる。
「これは自分たちは求めていないんだ」というのがわかるようになるから、
決して無駄にはなりません。

あとは、事前に「ここは譲れない・ここは妥協OK」というポイントを
家族で話し合っておくことをおすすめします。
打ち合わせの中で話し合う内容ではありますが、
事前にある程度まとまっていると話がスムーズです。

とにかくいっぱい見て、プロになんでも聞きましょう!
勝手にできないと決めつけないで、どんな小さいことでも
一回は聞いてみる。聞くだけならタダですから(笑)
同じ質問をいろんな会社さんにしてみるのもいいと思います。
会社によって返ってくる返事も違えば、対応も見えてきますしね。


最後はロイヤルハウスさんへ伝えたいこと…
なくなったら困るからね!(笑)
私たちはロイヤルハウスさんと一生付き合っていきたいと思っているので、
社長たちの想いを継承して、長く続けていってください。

太陽の光がやさしく入る気持ちのいい空間で、終始笑いのたえない取材となりました。
Iさまありがとうございます。今後とも末長くよろしくお願いいたします!


完成記事はこちら

完成から1年後の住み心地は??

2015年春に完成、お引き渡しした福岡市【n様邸】。
暮らし始めて1年あまりが過ぎたお宅にお邪魔して、
家を建てるまでの経緯と実際の住み心地についてお伺いしてきました。

cv-fn06
▲当時のことを振り返りながらついつい思い出話に花が咲きます。(Rくんはアニメに夢中!)

もともと家を建てたいという希望はありました

以前は狭いアパートに住んでいたのですが
子供が大きくなるにつれて周りへの騒音が気になり始めたのがきっかけで
私たちの中で「家づくり」が現実的になってきました。

十数社くらいハウスメーカーを見て回りましたが、
金額的にも対応的にもあまり親身ではないメーカーさんが多い中、
ロイヤルハウスさんは見学会がフレンドリーで雰囲気がよく、
「ここに話を聞いてみよう!」という気になったんです。

決め手は誠実さとスピード感、一緒に歩いてくれる安心感

他社さんだと、照明器具の高さひとつとっても自由にできないところが多かったのですが、
ロイヤルハウスの井本社長は
「穴開けられるところには穴開けます!」
とおっしゃってくれてましたね(笑)
こちらの希望をとことん聞いてくれる感じがとても良かった。
(※実は、Nさまご夫婦はものづくりが大好きな職人気質のご夫婦です)

土地はめぼしいところを見つけていたのですが
そのことを伝えた時の担当さんの動きがとても早かったことも印象に残っています。

「一緒に家を作りましょう!」という感じが良かったし、
事務所にお邪魔した時のスタッフさんたちの雰囲気から
安心してお願いできそうだと思い、ロイヤルハウスさんに決めました。

取材中もリビングでリラックスしているRくん
▲取材中も、リビングでリラックスしていたRくん。

近くには、Nさま手作りのRくん用スペースも!
▲近くには、Nさま手づくりのRくんのおうちも!

完成後に後悔する部分がまったくない!

いざ家づくりを始めると、たくさん理想が出てきてなかなかまとまらないのですが
ロイヤルハウスさんはプロの目線・これまでの経験を元に
「現実の生活レベルでの住みやすさ」を提案してくれました。
素人では気づけないところを教えてくれたので、
住んでみて「こうしておけば良かった」と後悔する部分がまったくないんです。

たとえば、コンセントの場所ひとつにしても
一つひとつ図面に起こして、使うシーンを想定して確認してくれたり、
今後近くに家が建つことを想定して、窓の位置を調整してくれたり…

私たちはこだわりが多く、いろんなわがままをお願いしたのですが
すべて真摯に対応してくれました。
他社さんだと難しいと断られたり、金額を追加されるところでも
ロイヤルハウスさんの場合は
「この金額でその内容は難しいけどこうすれば予算内に収められますよ!」
という代替案を必ず提案してくれます。

利益を取ろう取ろうとしている感じがないところも安心できましたし、
何かを「採用しない理由」もきちんと説明してくれるので、
納得して家づくりを進めていくことができました。

理想をすべて出し尽くしてたくさん打ち合わせをしたので、
家を建てる時がこれまでで一番ケンカしたかもしれません(笑)
でも、そのおかげで理想の家を形にすることができました!

家づくりは本当に楽しく、しょっちゅう現場にお邪魔していました。
当時の担当さんとも未だにお付き合いがあるくらいです。


奥さまお気に入りのサンルーム
▲お気に入りのサンルームには、奥さま専用のスペースも出来ていました。

あたたかい雰囲気の廊下
▲あたたかい雰囲気のRの下がり壁

家が好きすぎてインドア派に(笑)

家づくりを通して気が付いたのは、建てて終わりじゃないということ。
これから先、色々と手を加えていける楽しみも手に入れることができました!
※実際に、収納扉を黒板にしてカレンダーを書いたり、お手洗いやお風呂場のドアの色を塗り替えたりと、家を育てていくことを楽しんでいただいています。

家を建てていちばん変わったのは、家が好きすぎてインドア派になったこと。
外出するのも、雑貨屋さんやインテリアショップなど
「家を良くするための買い物」が多くなりました。

家にいる時は、ほどんどみんなリビングに集まってきます。
主人は書斎があるのに、わざわざリビングに書類を持ってきて
仕事をしたり、趣味のことをしたり。

キッチンやリビング周辺で全てが完結できる動線・環境がとっても助かっています。
お気に入りのサンルームも近くにあるので、家事がとっても楽になりました。


素敵なキッチン
▲キッチンも、Nさまのセンスが光ります

こだわりがいろんなところに!
▲収納扉を黒板に!細部までこだわられています

手作りの洗面ミラーも素敵です
▲手作りの洗面ミラー。ものづくりのことを話されているNさまご夫婦は、とても楽しそうです


一緒に理想の家をつくってくれるパートナー

これから家づくりをされる方に言いたいのは、
完全に「お任せ」してしまうのではなく、
ボンヤリでもいいので「こうしたい」とか「こんな感じが好き」
というものを持っておくいい、ということ。

気になる物件や、好きな物件の雰囲気がわかる写真や雑誌の切り抜きなどを
スクラップしてまとめておくのもおすすめです。

ロイヤルハウスさんだったら
きっとそこから理想の家の形を一緒に作り上げてくれるはず。
家づくりの過程自体もめいっぱい楽しんでください!


素敵なNさまご一家
▲とても素敵な空間で生活するNさまご一家。Rくんの成長も楽しみです!


完成記事はこちら